海外旅行の目的地は休みの日数で決めましょう

短期間の休みなら近場がベスト

海外旅行の目的地を決める際は、取れる休みの日数で決めることをおすすめします。たとえば、1日や3日程度の休みの場合は、近場から選ぶのがベストです。1日や2日しか休みが取れないにもかかわらず、遠い国を選んでしまうと、移動するだけでかなりの時間を使ってしまいます。すると、現地の観光地を見て回る時間は少なく、不完全燃焼な海外旅行になります。しかし、移動距離が2時間や3時間程度の国なら、日帰りだったとしても早朝の便で出発して最終便で帰国すれば、ある程度まとまった自由時間を確保できます。ただ、日帰りはタイトなスケジュールになってしまうため、2日や3日の休みを取れた際に海外旅行に出かけましょう。

まとまった休みが取れるなら遠い国がおすすめ

2日や3日の休みなら近場の国を選んだ方が移動時間は少ない分、現地での観光に時間を割けます。1週間や10日などまとまった休みを取れる場合は、近場の国でゆっくりと過ごす楽しみ方だけではなく、遠い国に訪れることを検討しましょう。飛行機で片道4時間や5時間かかるような国は、まとまった休みがなければ満喫できませんし、人生の中でも貴重な時間を過ごすことになるので、無駄がないように計画を立てる必要があります。ただ、遠い国ほど交通費の負担が大きくなることは理解しておくべきです。また、交通費に加えて現地で宿泊するホテル代や食事代、お土産代などかかるお金は大きくなります。ですから、遠い国に訪れる場合は早い段階で旅行資金を貯めておきましょう。

バイザポートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です